セブ島で安く美味しいマンゴースイーツを食べるならマンゴーオールマイティーがおすすめ



5月に入るとセブ島は夏期本番。雨が少なく最高気温は毎日30度を超えて、エアコンの部屋にいないと、無限に汗が出てきます。

その気温のせいで、セブ島にいると毎日シェイクやアイスなど冷たいものを食べたくなるのです。なので最近は涼しさを求めてカフェ巡りをしています。

先日マクタンへ行った際、マクドナルドなどが入った商業施設の一角にマンゴースイーツの専門店を見つけました!そこで食べたマンゴースイーツが、フレッシュマンゴーたっぷりで美味しかったのでレポートします。

マンゴーオールマイティー(Mango Almighty)の基本情報

  • 英名:Mango Almighty
  • 住所:2 M.L. Quezon National Highway, Maribago, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン
  • 電話番号:(+63)9176292370
  • 営業時間:12:00~22:00
  • 定休日:なし
  • アクセス:マリバゴ、マクドナルド(Maribago Macdonald )
  • 平均予算:120ペソ
  • クレジットカード:使用不可
  • WiFi:なし

新鮮なマンゴーをふんだんに使ったデザートがリーズナブルに楽しめるマンゴーオールマイティー。海水浴場の屋台のような小さなお店で、席はオープン席のみ、席数は全部で15席ほどです。

南国感ある植木と、素朴なテーブルの感じがセブ島っぽいです!夕方や夜は涼しいので外の席で食べるのもありですが、日中は暑いので、ほとんどの人はテイクアウトしていました。外で食べるのは暑いので隣のマクドナルドで食べている人も見かけました笑。

 

マンゴーオールマイティー(Mango Almighty)へのアクセス

マリバゴのマクドナルドの隣にあるので、タクシーの運転手には「マリバゴ、マクドナルド」と伝えましょう。ラプラプ島にはマクドナルドが3つあるので、しっかり“マリバゴ”と伝えてください。

また「セーブモア(Savemore Market)」というスーパーマーケットの道路を挟んで向かい側にあるので、スーパーの名前を伝えても大丈夫です。

 

マンゴーオールマイティー(Mango Almighty)メニュー紹介

※2019年5月レート1円=2.1ペソで計算

  • マンゴーシェイク:99ペソ(マンゴーシェイク+ホイップクリーム+カットマンゴー)

みんな大好き、定番のマンゴーシェイク。氷のしゃりしゃり感が少し残ったシェイクはマンゴーの味をしっかり感じられます。上の生クリームを混ぜるとクリーミーさが増して、さらに美味しいです。

生クリームが苦手な人は、注文時に店員さんに伝えるえるとクリームなしに変更可能です。

 

  • マンゴーヘブン:99ペソ(マンゴータピオカ+マンゴーソルベ)

名前がとてもユニークです。たっぷりの生クリームに和えられたマンゴー味のタピオカ、その上にはさっぱりのした自家製のマンゴーソルベがのっています。ソルベは凍らしたマンゴーをそのままシャーベットにしたような濃厚さです。

 

  • マンゴーオールマイティ:149ペソ(マンゴーシェイク+マンゴータピオカ+マンゴーソルベ)

お店の名前にもなっているマンゴーオールマイティ。ドリンクの入れ物に入っていて、下の部分はマンゴーシェイク、その上にはクリーム和えされたマンゴー味のタピオカ、その上にはさっぱりのしたマンゴーソルベがのっています。

シェイクもソルベもマンゴーの濃厚さがしっかり感じられ、タピオカの部分だけだととても甘いですが、軽く混ぜて食べると、甘酸っぱいマンゴーともちもちのタピオカの相性が抜群です。

 

  • マンゴーグラハム:99ペソ(グラハムクッキー+グラハムビスケット+ミルクアイス+カットマンゴー)

マンゴーフロートのようなデザート、マンゴーグラハム(99ペソ)です。セブ島では、レストランやカフェなどでも食べられます。サクサクのグラハムクッキーとさっぱりしたミルクアイスに新鮮なマンゴーがたっぷり入っていて、マンゴー好きなら最高の一品です。

 

  • スイートスティッキーライス:99ペソ(スティッキーライス+自家製ココナッツアイス+カットマンゴー)

甘い味付けのもち米の上にカットマンゴーをたくさんのせた、このスイーツは日本人には馴染みが薄く美味しそうには思えないかもしれません。ですが試しに挑戦してみると、もち米をあんこを包んだおはぎのような感じで、なしではなかったです笑。

 

  • ネイティブスティッキーライス:99ペソ(スティッキーライス+ シクウェートソース(チョコソース)+自家製シクウェートアイス+カットマンゴー)

こちらのデザートは上のスイートスティッキーライスのチョコレートバージョン。シクウェート(Sikwate)とはビサヤ語で、フィリピンの伝統的なチョコレートを意味します。チョコレートと同じようにカカオ豆からできていて、高級なチョコレートとしても有名です。

 

グッドポイント・バッドポイント

グッドポイント

  • 新鮮なマンゴーをたっぷり使っている
  • 量が多い
  • 全ての商品が安い

セブ島のカフェなどで同じようなマンゴーのスイーツを注文すると、日本よりは安いですが、値段は200ペソくらいするものが多いです。マンゴーオールマイティで購入できるスイーツは、どれもマンゴーがたっぷり入っているのに、マンゴーシェイク、タピオカマンゴーシェイク、マンゴーフローなど定番のデザートのほとんどが99ペソと、とても安いので手軽に購入することができます

 

バッドポイント

  • 日陰の席がない
  • メニュー数が少ない
  • マクタンにしかない(2019/05/19現在)

私が食べに行ったのはお昼の2時。外はカラッと晴れていて、太陽がジリジリ焼き付ける時間帯でした。マンゴーグラハムも、シェイクもとても美味しいのですが、めっちゃ暑いんです!

日陰に避難して食べましたが、スイーツたちの溶けるスピードも早かったです。小屋くらいのスペースでお店を開いているので、この安さで提供できていると思うのでしょうがないですね。

 

まとめ・感想

ミルクアイスが溶けてくると、ふわっとしたクリームになり、ザクザクとしたグラハムビスケットに染み込みます。フィリピンらしく全体的にとても甘いですが、だからことマンゴーの酸味との相性が抜群です

私が今まで食べてきたマンゴーフロートの中で、マンゴーオールマイティーのマンゴーフロート(マンゴーグラハム)は、かなり上位に入る美味しさでした!マクタン方面に行く際はぜひ食べてみてください。