綺麗!快適!East Blue Kasai Tokyo (イーストブルー葛西東京)の宿泊レポート



葛西駅から徒歩7分のところに、めちゃくちゃ穴場のホステルがありました!葛西駅からは東京ディズニーランド・シー行きのバスもあり、遠くから来て前泊したい方にもおすすめです。

東京駅(東京メトロ大手町駅)まで電車1本で行ける、アクセス最高のホステル「East Blue Kasai Tokyo」をレポートしようと思います!

イーストブルー葛西東京(East Blue Kasai Tokyo)とは?

2018年6月29日にオープンしたばかりのホステル。外国からの宿泊者も多い印象です。

このホステルのコンセプトは

出会いの喜び 別れの寂しさ 再会の喜び

旅には色々なドラマがあります。

私達が掲げる ” MEET UP “

それは利用された方々の心にそんなドラマを届ける為。

そして日常に 人生に 少しの変化を。

だそうです。素敵ですね♩(公式ホームページはコチラ!

 

イーストブルー葛西東京(East Blue Kasai Tokyo)へのアクセス

住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3丁目13−7 ウィネクス

東京メトロ葛西駅から歩いて約7分。葛西駅の西口を出て、左に5分ほど進み八千代軒という料理屋さんを右に曲がると、2番目の十字路を左に曲がると、左側にあります。

Google Mspだと「ウィクネス」という建物を目指してください。私は方向音痴なのでGoogle Mapにお任せしたら、迷わずに着けました!笑

 

部屋の種類

ベーシックドミトリータイプ

今回私が宿泊した部屋です。部屋は予約の段階で、男女に分けられているので部屋は女性専用!女性専用かどうかって気になるところなので嬉しいです!そしてお部屋はこんな感じ。

ドミトリーの部屋には左右に4代ずつ、計8代のベットがあります。予約の時は「この金額だし、ベッド8代のうちの1代ってすごく狭いのかな」と心配でしたが、とても部屋が広いです!

机まで置かれていてびっくりしました。そして部屋に1ヶ所、洗面所とトイレがあります。

1つ1つのベットにはしっかり貴重品用の金庫とコンセントが付いています。

 

ファミリータイプ・ラージファミリールーム

ホステルのスタッフさんにお話を聞いたところ、ファミリータイプとラージファミリールームの部屋の作りは、ドミトリーの部屋と全く同じだそうです。

ドミトリーの部屋には左右に4代ずつ、計8代のベットがありますが、ファミリータイプは真ん中に仕切りをつけて、4人の家族連れ向け。ラージファミリールームは真ん中に仕切りをつけて、8人の団体のお客さん向けになっているようです。

 

和室タイプ

2人向け、3人向けのお客さんや、ベッドよりも布団が落ち着くという方のために和室も準備されています。パンフレットやホームページの写真を見てみると、「モダン×和」という感じでした。

(※和室には宿泊していないのですが、スタッフさんからしっかりOKもらったので、ホームページで使われている写真を使っています。)

 

シャワーやトイレについて

トイレと洗面所は、1階にもシャワールームの奥と各部屋に設置されています。シャワーは1階にあり、24時間いつでも利用が可能です。男女に分かれ各5つあり、シャンプーとボディソープは全ヶ所に備え付けてがあります。

ドライヤーとヘアアイロンは脱衣所に2つ置いてあるので、金土などで、かつ混んでいる時間に入ると人が多くて少し狭いかもしれません。ですが少し時間をずらすなどして使えば、問題なく使えます。シャワーも水圧や清潔感などを含めても設備は言うところがなくキレイで快適でした。

 

イーストブルー葛西東京(East Blue Kasai Tokyo)の金額

主要な宿泊サイトではほぼ取り扱っています。でも驚くことに、サイトごとに値段が大きく違う…。「結局いくらなの?」と思うほどでした。そこで、金額を旅行サイトごとにまとめました!

私は大手宿泊サイトで、予約してしまいましたが、学生なのでホームページから直接の方が圧倒的に安いです!!(2019/04/18現在の金額なので参考程度にしていただければ幸いです。)

 

  • 学生限定割引プラン:1,539~

学割プランですが、1人からでも予約できるのが嬉しいですね。また春休みや夏休みなどの長期休みにも、1泊この値段は学生なら嬉しいはず! ゲストハウスですが、みんなで予約すれば貸し切りなので、問題ないですね。

チェックインの際に学生証の提示が必要です。団体の場合でも人数分必要なのでお忘れなく!

 

  • 宿泊・素泊まりプラン:¥1,710~

ドミトリー宿泊プランです。ご飯などはつきませんが。この値段はかなりコスパがいいです。私は外で夜ご飯を食べるか、充実したフリースペースを駆使して、ちょっとだけ料理をして食べました。朝ごはんを食べない派なので、食事なしで値段を押さえてもらった方がありがたいです。

 

ではでは、みなさんが良く使っているであろうサイトで、値段を比較してみました!

※お部屋のタイプは、ドミトリー1名の値段です。(2019/04/18現在の金額です)

  1. booking.comでは?…1,740円(.geniusで10%割引されています。.geniusでない人は1,940円になります。)
  2. Expediaでは…2,334円
  3. Agodaでは…1,842円
  4. 楽天トラベル…2,593円(男性) /3,241円(女性)

こう比べてみると楽天トラベルは、値段も高いし男女で値段違う意味がわかりませんね笑。

どの宿泊サイトもちゃんペーンや、直前タイムサービスのようなことをしていますので、正直金額はタイミングのあります。

 

イーストブルー葛西東京(East Blue Kasai Tokyo)おすすめのポイント

1泊2,000円以下で最高にいいコスパ

私はよく新宿などのネカフェを利用するのですが、ネカフェだと8時間や10時間など時間が決められていて、ゆっくりできません。

明るかったり物音がしたり、清潔感がなかったり、タバコの匂いがしたり、シャワーが別料金だったり、タオルが有料だったり、完全に個室ではないのに、貴重品ボックスが小さくて…など、あまり満足できません。

なのに2,500円とか高すぎだな(怒)と、満足度が低いです。そう考えると、シャワーは24時間いつでも自由に浴びられるのはもちろん、新しい内装で清潔なベッドルーム、Wifiサクサクでカフェのようなおしゃれな作業スペースで、1泊2,000円以下(学生なら1,539円)は、破格ですよね。

 

おしゃれで広いフリースペース

フリースペースがとにかくキレイ!まさにインスタ映えです。色々な種類のイスやソファーが置かれているのが、すごくお気に入りでした。コンセントのあるカウンターのような席では、作業がはかどりますし、大きなテレビがあるソファーのスペースはまったり休憩したり、友達とおしゃべりするのに最適です。

また、大きなテーブルでは大人数でご飯を囲めますし、小さなお子さん向けにキッズスペースまであります。さらに大きな冷蔵庫や、電子レンジ、電子ポット、炊飯器、IHなど様々な調理グッズが置いてあるので、自炊や簡単な調理をしたい人には最高の設備でした。

 

周辺の情報

ディズニーランド・シーへの行き方

ディズニーランド・シーへは、電車でもバスでもいけますが、葛西駅からの場合は京成バスがおすすめ!

時間は朝の6:53から15分単位で出ています。金額は310円で、乗車時間は約30分です。

TLDとTDCの時刻表

葛西臨海公園への行き方

葛西臨海公園へは、葛西駅からバスで行くのがおすすめです。

江戸川臨海郵便局前」というバス停が最寄です。金額は210円で、乗車時間は約10分で近いですね。

ちなみに頑張れば歩いてもいけます笑。(片道45分ほど)

浅草橋にある姉妹店

浅草橋の姉妹店「HOTEL&CAFE East 57 Asakusabashi」は、食べ歩きスポットの仲見世通り、浅草寺、スカイツリー、浅草花やしきなど人気のスポットからも近く、外国人観光客から大人気なのだとか。

ホテルにはカフェが併設されており、私が宿泊した「葛西」とは、また違った印象。外国人向けのパンフレットを見せてもらうと、かなり和テイスト!外国人の友達と泊まったら、盛り上がりそう!こっちも泊まってみたいな〜

 

詳細情報

  • 住所:〒111-0052 東京都台東区柳橋1丁目15−5
  • 公式ホームページ:https://www.east57.jp
  • 電話番号:03-5809-1681

 

まとめ

廊下や階段、フリースペースの作りが、他のホステルと違うなーと思っていたのですが、どうやら「社員寮をリノベーション」して、できているようです。どおりで作りが広くて、階段にはしっかり手すりがついているわけです。なんとなく学校のような、どこかの施設のような感じでした。

部屋の仕切りをつけたり外したりすることで、空き部屋が出ないようになっているもの、この金額の理由なのかな。リノベーションの仕方と使い方が上手です。木目をベースにした落ち着いた雰囲気と、ライトの優しいオレンジ色の光で、とてもリラックスできるな〜!またぜひ泊まりたいです。



コメントを残す