【注意】初めて断食をした時の私の失敗談・成功のポイント



みなさん、断食(ファスティング)したことはありますか?断食を成功させるための私の秘訣は、いかに自分の気を紛らわせるかです。何もしないと空腹感を直に感じます

なので様々な方法で「お腹すいたなぁ~」と自分に感じるスキを与えない!これに限ります。私は先日、初めて本格的な断食をしました。この記事では、空腹から意識を飛ばそうとするあまりに、私がしてしまった失敗談と、その後の回復期の失敗のお話をします。

断食とは?

断食とは、食べ物をたつこと一定期間何も食べないことです。もともとは宗教的な行為としてのイメージが強かったですが、現代では「食べ過ぎで疲れている消化器官を休める」「ダイエットの一環」として認識される方が多いです。

食べ物は長い時間をかけて消化・吸収されます。油分の塊であるバターは50g摂取すると、消化に12時間も時間がかかるのです。バター50gはクッキーやケーキなどを食べると簡単に摂取できてしまう量。ということは、寝る前にこれらの甘いものを食べている人の消化器官は、不眠不休ということです。

それで寝ても疲れが取れない理由がわかりますよね。断食で消化器官を休ませ、体の機能が最大限にすることで、味覚が鋭敏になり、肌がキレイなり、便秘が解消され、嬉しいことずくしになるですよ。

 

断食の正しい仕方

正しい断食の方法は、準備期間→断食本番→回復期間です。専門機関で行わない断食は、3日以内にしておきましょう。この準備期間は断食の長さによって期間が異なりますが、3日間の断食の場合は、最低でも前後の2日間を「準備期間」と「回復期間」に当てます。

準備期間と回復期間には「まごわやさしい」を食べて断食の効果を最大限に伸ばしましょう!

まごわやさしい

ま:大豆などの豆類

ご:ごま、くるみ、アーモンドなど

わ:わかめなど海藻類

や:野菜や根菜

さ:魚

し:しいたけ、しめじなどのきのこ類

い:じゃがいも、さつまいもなどの芋類

 

断食中に気を紛らわす方法

  • NetflixやAmazonプライムで映画やドラマを見る
  • マンガや小説、雑誌を読む
  • 1日がかりの仕事を入れる
  • 資格などの勉強をする
  • 必殺!寝る

 

私が断食中にした失敗:サウナに入る

断食2日目は日曜日だったので、1日目ほどは、空腹感を感じなかった朝でしたが、1日中家にいても仕方ないなと思い、外に出ました。そこで私が向かった先は温泉施設。私は温泉というかお風呂が大好きです。断食中は食べ物を摂取しないので、いつも以上に寒さを感じます。Wifiサクサクの作業もできる、温泉施設ができたので行ってみることに。

 

1回目の入浴は、お水を飲んではお風呂に入っての繰り返し。顔にパックしたり、体全体をマッサージしたり、女子力の上がるようなことをするとファスティングのモチベーションも上がります

そして、1回目同様、空腹感を強く感じたので2回目のお風呂入りました。そしてサウナに入ってたら、ちょうどテレビが面白くて、じっくり見てしまいました。そして、合計で30分くらい経ったあとに、サウナを出ようと立ち上がると、「上手く立てない…」

他のお客さんもいたので、平常を装ってよちよちと脱衣所に戻りました。脱衣所って少し涼しくなってますよね。それが原因か分かりませんが、服を取り出そうとした途端立っていられなくなり、ロッカーに顔を突っ込んだ状態で、1分くらい静止。自分でもさすがにやばいと思い、ゆっくり深呼吸をして、フラフラしながらも椅子に座りました。

心臓は 全力疾走感したあとのように動悸がしていて「ドキドキ」というより「ドドドド」という感じ。ほんとに怖かったです…笑。20分ほど座って休むと、だいぶ良くなりましたが、30分間のサウナは私にとって、そこまで長くないので驚きでした。

「そうだファスティング中だった」と思い、インターネットで [断食 サウナ] と調べると、長時間のサウナは、してはいけないことでした。みなさん断食中に体温を上げようと長時間入浴したり、サウナに入っていたりするのは危険なのでおすすめしません。時間を決めて入るなどした方がいいです。まず、長時間の入浴やサウナは、空腹時にやってはいけないことなので、断食中以前に空腹時をいう点でミスでした。

 

断食後にしてしまった失敗:固形物を食べてお腹が痛くなった

断食をする際には、しっかり準備期と回復期を過ごさなければなりません。よく言われているのは「まごわやさしい」の食材を2日前から食べることです。

  • ま:大豆などの豆類
  • ご:ごま、くるみ、アーモンドなど
  • わ:わかめなど海藻類
  • や:野菜や根菜
  • さ:魚
  • し:しいたけ、しめじなどのきのこ類
  • い:じゃがいも、さつまいもなどの芋類

準備期0だった私は、その時点でアウトですね(泣)

回復期は準備期ほど雑ではなかったのですが、やっぱりよくわかっていなかったのです。最初の食事は「梅流し」(断食後に良く煮ただいごんに梅干しを潰し入れ、汁ごと少しずつ食べることで、お通じがとても良くなる)をしてみました。

梅流しについての記事はこちらです。

そこまでは良かったのですが、その後に、調子に乗って「きゅうりの漬物」と「木綿豆腐」を食べてしまったのです。これはまだ食べてはいけなかったようで、15分後くらいで、胃のあたりが痛くなりました。その時に「これはまだ食べちゃダメだったのか〜」と気づき反省。

 

調べてみると1日目、断食直後(回復期1日目の昼・夜)は、噛まなくても食べられる硬さの野菜を、よく噛んで食べなければならなかったのです。なのに生のきゅうりを食べてお腹(胃)が痛くなった…

よくある失敗例ですが、回復期は断食期間と同じくらい時間をかけなければなりません。たった2日間の断食でしたが、しっかり準備期間と回復期間を大切にしなければならないと、身をもって知りました。

 

その他の断食中にしてはいけないこと

私は大きく2つ、断食をしていて間違った行動をとっていました。ちょっと調べたくらいだと、正確な情報にたどり着けるかもわからず危険です。

特に胃が痛くなった時には、事後に調べて発覚して「ミスった…」と思いました。断食の効果を強めるも弱めるも、自分の断食期間全体の行い(摂取したもの・とった行動)によるんだなと。

断食中に摂取していいもの・だめなものについてはコチラです。

2日で-2kgの断食した結果…あることがわかりました。

なので、知識がないままに、3日間のファスティング(準備期・回復期を含めて)をするのは、効果が出にくいし、危険だなと思いました。次やる時は、とても詳しくなるか、詳しい人からアドバイスもらってやりたいな〜

断食をするとお肌モチモチになるし、食べる量も減るし、体がキレイになるけど、これからは気をつけようを思いました。



コメントを残す