2日で−2kg!豆乳+サプリ+水の断食を2日間してみた



年度が新しくなって、飲み会の数が増えるこの時期、お酒の席ではなんとなく気が緩んで、食べ過ぎてしまいますよね。みなさんは断食(ファスティング)という言葉を知っていますか。最近よく「8時間ダイエット」や「プチ断食ダイエット」など、ダイエット目的のファスティングをするようになった人が増えた気がします。

不摂生な生活で3kgも増えてしまったので、戻したいという一心で、試しに「断食」してみました!「豆乳とサプリと水だけ」のファスティングにチャレンジした様子を赤裸々にレポートしていこうと思います!

断食前に準備すること

ファスティングには準備期間が必要です。この準備期間から徐々に体に負担のかかる食べ物を減らしていきます。よく言われているのは「まごわやさしい」の食材を2日前から食べる(ま:大豆などの豆類・ご:ごま、くるみ、アーモンドなど・わ:わかめなど海藻類・や:野菜や根菜・さ:魚・し:しいたけ、しめじなどのきのこ類・い:じゃがいも、さつまいもなどの芋類)です。

ファスティングは人によって「眠気・体のだるさ・頭痛・めまい」の症状(好転反応)が出るので先に知っておいてください。特に普段から多く飲酒している方、糖質と脂質が多いファストフードのようなジャンキーなものばかり食べている方は、上記の症状が出やすいそうです。そういう方はしっかり準備期間を経てから、ファスティングし始めた方がいいですね!

 

豆乳とサプリと水を選んだ理由

  • 豆乳

私が飲んでいた豆乳はこれです。豆乳を選んだ理由は、豆乳が好きだからというのもありますが、豆乳にはたくさんのタンパク質が含まれているので、サプリなどでどうしても補いきれない栄養素“タンパク質”を液体で摂取できるとからです。

この豆乳は、よくドラックストアでも売っていますし、なんなら1番安いブランドです。(紀文とかの方が若干高い)でも100mlあたり4.5mg、つまり1Lあたり45mg含まれています。成人女性が推奨されている1日のタンパク質の摂取量は50mg。

高タンパク質・低カロリーのイメージが強いサラダチキンの約2こ分です!なので1.1L飲めば、足りない5gもしっかり摂取できます。普段の食事でしっかりタンパク質を摂るのは以外と難しいので、意識しないでしている普段の食事よりもしっかりタンパク質が摂取できます。

  • 総合ビタミン剤

私が飲んでいたのは「ポポンSプラス」です。以前までは、アサヒやDHCのマルチビタミンやマルチミネラルを飲んでいました。ですが、ポポンSなどの【第二類医薬品】は、国から効果や効き目を認められて販売しているので、サプリよりも効果の出方や効き目に期待ができます。

(サプリが効かないというわけではありませんが、両者とも実際に飲んでいて、体で実感することは難しいため、専門機関に認められている方が信用できるなーと思っています。)アサヒやDHCより金額は高いですが、成分を比べても総合ビタミン剤がいいかと思います。

 

断食はカロリーをとってはいけないイメージもありますが、栄養不足で体調を崩しては本末転倒です。栄養はしっかりとってファスティングすることをおすすめします。

このような理由から豆乳とサプリと水を選びました。(と、長々と書きましたがこれは本来のファスティングではありませんでした…汗。ファスティングには種類があります。種類についてはこちらに詳しく書きました!)

 

ファスティングレポート

ファスティング中は、本当に時間の流れを噛み締めながら過ごしていました。ファスティングの本当にしんどいところって、空腹感よりも“退屈に感じること”なのです。たった2日だったけど、初めてこんなに真剣に「食べること」と向き合った2日間でした。(こちらで詳しく書いています)

 

感じられた効果・変化

【効果】

  • 体重の変化

1日目→2日目:マイナス1.3kg

2日目→3日目:マイナス0.8kg

合計マイナス2.1kg

 

  • ウエストの変化

1日目→2日目:マイナス2.5cm

2日目→3日目:マイナス1.8cm

合計4.3cm

 

  • 体に起こった変化

・体が軽くなる

・眠くならない

・肌が綺麗になった

・むくみがなくなった

 

  • 考え方・行動の変化

・食べ物をなに食べようか考えなくて済む

・さつまいもやかぼちゃの美味しさに気づけるようになった

・お腹があまり空かなくなった

 

  • その後の体調の変化

・回復食も全然ダイエットのような食事なので結果ダイエットにつながる

・からだ(消化器官)に申し分けないな〜と思って、食べるものを選ぶようになるなど意識が変わった(ジャンキーなもの食べたいと思わなくなった)

 

体重の変化やウエストの変化は、「まあ食べてないんだから当たり前だな」という感じです。そして普通に食べ始めてればまた増えます。この感じだと普段の食事に戻した後の結果はマイナス0.5〜1kgくらいでした。

ですが回復期の3日間、胃や腸のことを考えながら、野菜や豆腐しか食べていなかったので、その後(1週間)でさらにマイナス1kgになっていました。

 

この断食のおすすめ度

豆乳と総合ビタミン剤のファスティング、おすすめ度は★★★★⭐︎です。タンパク質を摂取できるのは豆乳の最大のメリットです。栄養に関しては申し分なかったと思います。★が5つでない理由は、カロリーをとっていることで、飲んだ後に空腹感があったからです。少しだけカロリーを摂取してしまうと、すごい空腹感に襲われます。

 

まとめ・感想

1日はたまにするのですが、2日間のファスティングは人生で初めてだったので、正直しんどかったです。そして準備期間はしっかり入れるべきだなと思いました。回復期はできるだけ気を使って、野菜、豆腐、海藻類を中心に「まごわやさしい」の食材を使って柔らかく調理したものを食べました。

最初に断食というと修行僧のようなイメージと書きましたが、終わってみると確かに、寝るのも早いし、しっかり朝起きるし、準備期間と回復食なんて「The・僧侶」なので、当たり前ですが、カタカナにしてもファスティングは断食でした (笑)

 

私としてはファスティングはダイエットというよりは、生活習慣を見直すためにできればいいと思います。ダイエットとなると、ストイックに頑張れてしまう人は無理してしまい、結果体重は減るけどリバウンドしやすかったり、体調を崩してしまうことにつながります。

他の記事で紹介していますが、専門機関でもない限りファスティング期間は3日以内が限度です。1日でも十分頑張った感はあります。「最近、生活習慣が乱れているな」と思った時に、1〜3日でやってみるのがいいです。ファスティングの1番のメリットは「健康に気を使うようになる」ですね。(何日続くかわかりませんが)このまま健康な食事を続けます! (笑)

 

私の初めてのファスティングは実際このような流れでした。ファスティングには種類があるので、自分にあった期間や栄養を摂取する方法を試してみてください!結果の出方には個人差があるので、ひとりの体験談として、参考になれば幸いです。



コメントを残す