シヌルグ祭り2020!セブ島最大イベントSinulogとは?日程・楽しみ方・注意点を解説



セブ島の1月は1年で最も世界各国から観光客が訪れる月。皆さんの目的は1月に開催される、セブ島最大のお祭り「シヌログフェスティバル(Sinulog Festival)」です。この時期はショッピングモールにはカラフルな装飾が施され街中シヌルグソングが流れ、一気にお祭りモードになります。

留学やお仕事でセブ島に長期滞在される方、シヌルグ祭りを体験したい方はぜひ記事を参考にしてみてください。大きなお祭りなだけあって1年で最も盛り上がる時期ですが、楽しみ方、注意点を事前に知っておくことで安全に参加しましょう!

セブ島最大の祭りシヌルグ祭り(Sinulog Festival)とは

シヌルグ祭りの由来

毎年、国内外から約300万人を超える人々が集まるシヌルグ祭り。このお祭りでは「サントニーニョ(Sto Nino)」の像を讃えるため、ダンサー達は像を抱えながら街中を踊ります。サントニーニョとは、Santo:聖なる/Nino:子供の意味で、幼い頃のイエスキリストを指しています。

この像は1521年にマゼランによりもたらされてから、フィリピンの宗教の多くをしめるカトリック教の信仰の象徴になっています。多彩な魅力で毎年多くの人を魅了するシヌルグ祭りですが、500年以上の歴史を持つ伝統的なお祭りでもあり文化的な面を知れるところも面白いです。

 

シヌルグ祭りの3つの見どころ

開催時期は毎年、1月の第3金曜〜日曜日に行われ、1週前の金曜日からの10日間で様々なイベントが催されます。シヌルグの見どころをチェックしておくことで初参戦でもしっかりイベントを楽しめますよ!

グランドパレード

最終日である日曜日には、最も見どころのあるグランドパレードが開催されます。コンテスト形式でナンバー1を決定するダンスパレードで、華やかな衣装をまとったダンサー達が、見るものを魅了する美しい踊りを披露します。

コンテストの審査基準はダンスの表現力や創造力など様々な項目があり、優勝を目指すため各グループとも迫力のあるダンスです。優勝したグループは輩出した地域に栄誉をもたらすため、集大成のダンスを披露します。

フルビューパレード(Fluvial Parade)

グランドパレード前日である土曜日には、マクタン島沖の海でフルビューパレード(Fluvial Parade)が行われます。早朝から始まるこのパレードは、ローカル感も味わえるため街中とはまた違った楽しさが感じられます。そのためアイランドホッピングツアーなどマクタン島から出航するアクティビティを決行できないことがあるようです。

クイーンコンテスト

ミスセブ(Miss Cebu)を決めるために行われる「クイーンコンテスト」では、美しい女性たちが称号を手にするために熱い戦いを繰り広げます。ゴージャスな衣装を身にまとって美女たちが美しさを競うクイーンコンテストは、観客から歓声が湧き大盛り上がりです。

また1週間前からは、観光地としても有名なセブ最古の教会「サントニーニョ教会」での日曜巡礼(サンデーチャーチ/ミサ)で様々な催しが行われます。

 

シヌルグ2020年の日程

シヌルグの日程

1月10日シヌルグ祭りスタート

1月17日クイーンコンテス/Queen contest

1月18日海上パレード/Fluvial Parade

1月19日グランドパレード/Grand parade

1月18日と19日はパレードが開催されるセブ市内で大規模な交通規制が行われます。またグランドパレードの会場まで出来るだけ車で近づこうする多くの車で、周辺の道路は毎年大渋滞です。両日、携帯電話の電波を遮断するなどの規制も行われるため、シヌルグを知らずにたまたま1月17日〜19日の間にセブ島旅行を組んだ方は注意が必要です

 

シヌルグ祭りの楽しみ方

SNSなどから情報を集める

スケジュール・パレード参加の注意事項、禁止事項などが画像とともに掲載されているのでかなり役に立ちます。全て英語での記載ではありますが、画像にイラストがついているのでとても分かりやすいです。

FB:TheGreatSinulogFestival

Instagram:SinulugFestival2020

ホームページ:https://www.sinulog.com.ph

 

シヌルグTシャツを準備

シヌルグ祭りに参加する上で最も重要なのがTシャツ!今年は2020年なので「 SINULOG2020 」と書かれたTシャツなどのグッズがお土産屋さんで購入できます。そこでTシャツを選ぶ際のポイントです。

シヌルグ祭りはカラフルな色のペイントを顔や服に付け合うお祭りなので、白いTシャツの方ペイントが映えてお祭りの後も思い出が残りおすすめです。当日は現地の方々、世界中から集まる観光客の方々と、フレンドリーにペインティングし合いながらお祭りムードを満喫しましょう。

 

パレードを最前列で見物するなら朝からスタンバイ

パレードでは色鮮やかで華やかな衣装のダンサー達が、「Pit Senor, Viva Pit Senor」(ピトセニョール、ビバピトセニョール:イエス様お力を、イエス様万歳)と言いながら行進して行きます。パレードのメインであるオスメニアサークル付近はたくさんの観光客で大混雑良いポジションでパレードを見るのであれば、朝早くから見物の場所を確保しておくのがおすすめです。

 

グランドパレードのルートを確認する

パレード中はどこもかしこも人だらけ。夏の花火大会のように人が多い方に流れて着いて行くと、全く違う方向に進んでしまうことがあります。シヌルグ最終日のグランドパレードは、先にルートを覚えておくことでしっかりと楽しみましょう。

パレードのルートは近年あまり大きな変化はありません。セブシティスポーツセンターの近くから付近からスタートし、夜の繁華街でもあるマンゴーストリート、オスメニアサークルを通り、スタート地点に戻ってきます。

 

1人ではなく複数で参加する

パレードを最前列で見ようとせっかく朝から場所取りをしていても、パレードが始まるまでにトイレやコンビニに行くなど1人ではできないことが多いため複数での参加をおすすめします。また1人よりも複数の方が何かトラブルに巻き込まれた時にも安心です。またパレード中にはぐれてしまった時のために、集合場所と集合時間を決めてきましょう。

 

シヌルグ祭りの持ち物

パレードが行われる道の周辺は毎年非常に混雑しているため、荷物は極力少なくしましょう。スマートフォンやカメラなどの貴重品は自分の見える位置に持つなど、管理はいつも以上に気を配ってください。また朝から場所取りする方は、熱中症予防・日焼け対策がとても重要です。

【サバイブするための持ち物】

日焼け止め、帽子、日傘、水、お菓子

【十分管理して持ち運ぶもの】

スマホ、カメラ、小銭

※持ち物は必要最低限、お金も財布ごとでなく小銭入れにわけて持参しましょう。

 

シヌルグ祭りに参加する際の注意点

国内はもちろん、世界各地からパレードを見に来る人の数は300万人以上。これだけ大規模なフェスティバルであり、日本とは全く違う環境ですので楽しむために気をつけたいことをまとめました。

✔︎高価なアクセサリーや服装は控える

✔︎携帯電話やカメラなどの貴重品の管理を十分にする

✔︎カバンを持って行く場合は手前荷物など自分が見える位置にもつ

✔︎必要ないものは極力持っていかない

✔︎熱中症対策としてペットボトルの水などを持参する

✔︎動きやすい服装と靴でいく

✔︎露出の多い服装は避ける。緊急時の連絡先を知っておく

✔︎1人ではなく複数人数で参加するのがおすすめ

✔︎はぐれた際の集合地点、集合時間を決めておく

✔︎外出の際は時間に余裕を持つ

 

交通規制のため徒歩参戦が必須

パレードの会場になる道は多くの観光客で大混雑します。より良い場所と取りたい方、朝早くから場所取りをするのがいいかもしれません。グランドパレード当日は広い範囲で車両進入が禁止になります。もちろんタクシーで行くことはできませんので、徒歩でパレード会場まで行くことが必須です。

貴重品の管理を十分にする

荷物の管理で気をつけるべきなのが人混みの中でのスリや置き引き。海外旅行慣れしている人こそ、ここセブ島のシヌルグ祭りでの貴重品管理は注意が必要です。この期間はたくさんの観光客が集まりますが、それと一緒にフィリピンの各地からスリ集団も集まってくるのだとか。

私自身もセブ島に長期で滞在してい日本人がスリの被害に遭ったと聞きました。斜めがけのバッグやウエストポーチは安全と思いがちですが、刃物で切られて中身を盗まれることもあるそうです。

 

インターネットの電波が遮断

近年のシヌルグ祭りでは最終日とその前日の2日間、一定の地域でインターネットの電波が遮断されます。パレード会場を含む周辺の広い範囲で電波を遮断する理由は、電波を使い起爆装置を爆破されるテロに備えるためです。

そのため、複数人数でお祭りに参加しても連絡手段として電話は使えなくなってしまいます。万が一はぐれてしまった時のことを考えて、集合場所と集合時間を決めて起きましょう。

 

アルコールは禁止

パレード会場とその周辺の地域ではアルコールの持ち込みが禁止され、酒気帯びではパレード会場に行くこともできません。日本でお祭りといえばお酒を飲むイメージですが、トラブルを防ぐためにもお酒を購入はフェスティバルの後にしましょう。

 

シヌルグ以外のフィリピンのお祭り紹介

お祭り大好きなフィリピン!実はフィリピンにはセブ島を含め5つの大きなお祭りがあります。

1月:今回ご紹介したセブ島の「シヌルグフェスティバル」

1月:フィリピンの首都であるマニラの「フィーストオブブラックナザレ」

2月:フィリピンの避暑地バギオで「パナグベンガバギオフラワーフェスティバル」

8月:最近留学先としても選ばれるようになってきたダバオの「カダヤワンサダバオ」

10月:ネグロス島で最も大きな首都であるバコロドの「マスカラフェスティバル」

 

まとめ

セブ島はイベントが多い地域で、英語にするとberがつく月(9月/Septemberから12月/December)まで4ヶ月もの間はクリスマスシーズンです。そしてニューイヤー、シヌルグシーズンが1月末まで。と考えると1年の約半年がお祭りモードということになります。

シヌログ祭りは、華やかなパレードのイメージが強いですが、伝統的なカトリック教のお祭りでもあり、セブ島の歴史や文化を理解する上でも面白いお祭りです。年々パワーを増すパレードは見ていると大きなエネルギーをもらえますよ。ぜひ安全にシヌルグに参加するための参考にしてください