【アスマラ】セブ島おすすめの隠れた名店!穴場イタリアンレストランAsmaraでオシャレなディナーを堪能



セブ島にはシェイキーズやグルニッジなどの、たくさんのファストフードピザ屋さんがあるほどピザは人気の食べ物。セブ島はヨーロッパからの観光客も多く、本格的なイタリアンのお店もたくさんあります。

今回は路地裏にある知る人ぞ知る、隠れ家レストラン「アスマラ ウーバンリゾート&ライフスタイル(Asmara Urban Resort & Lifestyle Village Inc.)」をご紹介します。小道を抜けると突然広がる異空間のイタリアンレストランに行ってきました!

アスマラの基本情報

基本情報

  • 名称:Asmara Urban Resort & Lifestyle Village Inc.
  • 住所:1 Paseo Saturnino, Cebu City, 6000 Cebu
  • 電話番号:(032) 384 9958
  • 営業時間:7:00〜24:00
  • 定休日:なし
  • 平均予算:800ペソ/人
  • 席数:150席
  • WiFi:あり
  • タバコ:喫煙席あり
  • トイレ:あり
  • 駐車場:あり
  • 接客:とても良い
  • クレジットカード:使用可
  • ウェブサイト:https://asmaraurbanresort.com/

 

外観と内観

入り口から漂うただならないオシャレ感。レストランにある木で造られた店内や家具は、全てオーナーであるイタリア人インテリアデザイナーのカルロさんががデザインしたものなんです!

全て木で作られた統一感のあるナチュラルな家具は、居心地がついつい良く長居してしまいます。ただ居心地がいいだけではなく、室内・野外には様々な設備があるオールラウンダーなレストランです。

 

アスマラへの行き方

隠れ家レストランのアスマラなのでタクシーの運転手への伝え方が重要です。周辺にある認知度の高い場所は「ストリートスケープモール」です。まずはパセオサターニーノ通りの「ストリートスケープモール」を目指しましょう

ある程度近ずいてきたら、Google Mapなどで位置を確認しながら、タクシーの運転手に指示を出せば問題なく到着できます。ストリートスケープモールから100mほどなので、目的地をストリートスケープモールにして徒歩で行くのもありです。

緑色で「Asmara」と書かれた看板があるので、入る路地はそれを目印にしてください。夜もライトで照らされているのでしっかり看板が確認できます。

 

アスマラのメニュー紹介

バラエテイ豊かなメニュー

【前菜】

 

【サラダ】

 

【肉料理】

 

【野菜料理・魚料理】

 

【パスタ】

 

【デザート】

 

2人で食事した時の注文例と合計金額

注文した料理

  • サラダ:No3ココメロ(Insalata Dl Conomero)

250ペソ(約550円)

  • パスタ:No8アラビアータ(Penne all’arabbiata)

280ペソ(約616円)

  • ピザ:ナポリピザ(Naponi Pizza)

340ペソ(約748円)※ピザ専用のメニューがあります

  • ドリンク:モヒート / サンミゲルライト

モヒート180ペソ(約396円)/サンミゲルライト70ペソ(約154円)

  • デザート:パンナコッタ(Panna Cotta)/ クリームブリュレ(Crame Caramel)

パンナコッタ220ペソ(約484円)/クリームブリュレ280ペソ(約616円)

合計金額:1,892ペソ(約4,162円)

消費税の12%は料金に含まれています。

サービスチャージが+10%かかっています。

 

食事の量・店員さんの対応に満足

サラダ・パスタ・ピザ1品ずつ、ドリンク・デザートを2品ずつと一般的な量を注文しましたが、かなりお腹がいっぱいになします。特に最後のデザートはかなりボリュームがあるので1つを2人でシェアでもいいかもしれません。

料金は4,000円を超えておりセブ島の物価からするとかなり高額な印象ですが、日本で1人2,000円でこのクオリティはまずありえません。店員さんの接客も含めてとても満足な食事でした!

 

今回注文した料理の感想

  • ココメロ(Insalata Dl Conomero)

レタスやベビーリーフ、ルッコラなど新鮮な葉物野菜に炒ったカシューナッツやカッテージチーズがトッピングされています。スイカがサラダに入っているのが面白いです。初めてスイカが入ったサラダを食べましたが、これが以外に合うんですね!自家製のドレッシングはビネガーとオリーブオイルでシンプルに作られているので食材本来の味が楽しめます。

 

  • アラビアータ(Penne all’arabbiata)

辛いものが苦手な方は「ノースパイシー」でも注文が可能です。ガーリックが効いたトマトベースのソースは食欲をそそります。辛さなしはマイルドでお子様でも食べやすい味でした。パスタもバラエティ豊かに8種類ありましたが、今回はペンネが食べたかったのでアラビアータを注文しました。モチモチのペンネは癖になりますね。

 

  • ナポリピザ(Naponi Pizza)

イタリアンレストランでピザを注文する際はほぼ毎回ナポリを注文します。アスマラでもアンチョビがトッピングされたナポリピザを注文しました。チーズもたっぷりでボリューム満点。アンチョビもたっぷりトッピングされていて嬉しいのですが、かなりビールが進むしょっぱさで私には正直かなり塩辛かったです。

 

  • モヒート

フレッシュな生のミントがわさっと添えられたモヒート。3色のグラデーションが綺麗でカップルのデートなどで盛り上がりそうです。アルコールは強すぎませんが、お酒の味をしっかり感じます。個人差はありますがお酒が弱い人なら1杯で十分と言ったアルコールの濃さです。

 

  • サンミゲルライト

炭酸強めのスッキリした飲み口が人気のローカルビール・サンミゲルライト。度数は5%でカロリーが1本100Kcalなのでお酒が弱い方、カロリーが気になる方には安定のビールです。だいたいビールを金額でそのレストランの価格帯が分かりますが、1本70ぺソはアベレージの金額なので、オシャレな雰囲気を考えると良心的かと思います。

 

  • パンナコッタ(Panna Cotta)

ミルク感の強いもっちりしたパンナコッタに刻んだフレッシュマンゴーがトッピングされていて、見た目・味ともに満点です。トッピングはマンゴーの他にチョコレートもあるので、マンゴーが苦手な方やアレルギーの方はチョコレートで注文しましょう。量は意外と多くかなりお腹に溜まります。

 

  • クリームブリュレ(Crame Caramel)

表面がパリッとカラメライズされているクリームブリュレ。カラメルの部分がしっかりしていて、サクっと言うよりはバリっという食感です。クリームはオレンジピールやシナモンの風味が混ざり合った、かなり本格的で複雑な味がします。甘さは程よくパンナコッタと比べると甘さは控えめです。こちらも量が多いので味見程度に食べたい方はシェアがおすすめです。

 

アスマラがおすすめのポイントと注意点

おすすめポイント

  • 木を基調にした店内がオシャレ
  • 驚くほどオールラウンダーな設備
  • 木を基調にした店内がオシャレ

イタリア人インテリアデザイナーのカルロさん(Carlo Cordaro)は、シャングリラマクタンホテルや、アバカリゾートなどセブ島で有名な様々なリゾートホテルのデザインをされています。

セブ島に限らず、フィリピンではマニラやボラカイ島、イタリア、ドバイ、アメリカなど世界中で活躍するデザイナーなんです!そんな彼がレストランを作ったらオシャレではいはずがありません。

  • 驚くほどオールラウンダーな設備

Asmaraは食事以外にもさまざまな楽しみ方ができることでも、セブ島在住の日本人から人気があります。レストランやバーだけでなく、2会には仕事の打ち合わせ、や貸切パーティーなどのイベントもできるスペース。

野外にはテニスコートやスカッシュ、卓球ができるコート、レストランの奥にはプールまであります。さらに曜日によってはインストラクター付きでヨガもできるという万能な空間です。

 

プール(デイユース:午前9時から午後5時)

大人:400ペソ / 子供:250ペソ(※9歳未満)

 

スカッシュ(500ペソ/1時間)

ラケットレンタル:100ペソ/1時間

 

テニス(午前6時〜午後5時:400ペソ/1時間、午後5時〜9時:500ペソ/1時間)

コーチ/トレーナー付き:250ペソ/1時間

ラケットレンタル:150ペソ/1時間

ボールボーイ:50ペソ/1時間

 

卓球(午前6時〜午後5時:200ペソ/1時間)

※スカッシュ・テニス・卓球の利用は電話予約が必要(TEL:09177081079)

 

注意点

サービスチャージが上乗せで10%

 

アスマラ周辺の飲食店

セブ島で本格的なジェラートならジェラティッシモがおすすめ!

セブ島でおすすめのタピオカ屋さん!牛のマークが目印のメガミルク

セブ島で本格的なハンバーガーを食べるならBig Tom’sがおすすめ

 

まとめ・感想

モーニングからディナーまで幅広く利用できるイタリアンレストランなので、観光でいらっしゃっている方にも、長期滞在されている方にもおすすめです!店の自慢のピザは自家製釜で焼く本格派、料理はどれも新鮮な素材で作られているだけあってセブ島で本場のイタリアンを堪能できます。

朝からテニスや卓球で汗を流し、朝ごはんを食べて読書や作業をしたらそれだけで1日が最高に充実しますね。細かな部分にまでこだわったデザイン家具の中でゆっくりと流れる時間を楽しんでみてください。

 

合わせて読みたい<おすすめセブ島アクティビティ>

オスロブツアー

オスロブ(セブ島)の持ち物・注意点を徹底解説!ジンベイザメと泳げる人気スポット

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

オランゴ島アイランドホッピング

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめ

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2020年1月レート1円=2.2ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。