【Dou Soy】セブ島で人気の豆乳カフェ!おすすめは無添加ソイドリンク



留学や仕事でセブ島に長期滞在していると「セブ島にきてから太った…」という声を耳にします。大盛りご飯!揚げ物!NO野菜!など健康志向とは無縁と思われがちなセブ島ですが、サラダ専門店やヘルシーフードのレストランなど徐々に健康を意識した飲食店が増えています。

そして健康といえば外せない”豆乳好きな方に朗報”な無添加豆乳ドリンクカフェがオープンしました!今回は無糖の豆乳も飲める人気カフェ「Dou Soy Cafe(ドウソイ)」をご紹介します。

Dou Soy(ドウソイ)の基本情報

台湾人オーナーが2019年9月にオープンした、無添加豆乳ドリンクのカフェDou Soy。セブ島では希少な無添加の豆乳ドリンクが楽しめることで健康志向の方に人気です。市販の豆乳はすでに甘さがあるものばかりのセブ島なので、無糖の豆乳はかなり珍しくかなり期待ができます!

基本情報

  • 名称:豆漿店(Dou Soy Cafe)
  • 住所:Retail Unit 3, Santoni’s Place Pres. Quezon Street, Villa Aurora Subdivision, Cebu City, 6000 Cebu
  • 電話番号:0927 001 4857
  • 営業時間:10:00~18:30
  • 定休日:月曜日
  • 平均予算:150ペソ
  • 席数:3席
  • 駐車場:なし(車を置けるスペースあり)
  • 接客:良い
  • クレジットカード:使用不可
  • Facebook:https://www.facebook.com/dousoy.dough

 

Dou Soyの外観

大通りから小道に入って50mほどの場所にあるので、周囲はローカル感があります。Dou Soyの外観がかなりシンプルなこともあり、遠くからだと気づきにくいです。「豆」と書かれた控えめな大きさの看板が目印になっています!

 

Dou Soyの内観

ナチュラルカラーの緑色に塗られた壁や観葉植物が、自然や無添加のイメージを連想させる店内はシンプルでこじんまりしています。店内に設置されたイートイン席数は、3〜4人座ることができる程度です。Dou Soyを利用するほとんどのお客さんがデリバリーかテイクアウトです。

レジの隣のショーウィンドーには手作りのドーナツ。その隣に置かれた冷蔵庫の中にあるのはDou Soyオリジナルのペットボトルに入れられた、様々なフレーバーの豆乳とコーヒーです。

 

Dou Soy(ドウソイ)への行き方

Dou Soyはセブ市内で有名なホテルである「キャッスルピークホテル」のある大通りを曲がった細い道にある建物に入っています。タクシーで行く方は運転手に「キャッスルピークホテル」と伝えましょう。

Google Mapなどを使えば問題なく到着できます。運転手に英語で上手く伝えられない方はキャッスルピークから歩いて行くことをおすすめします。DINDO SALONという美容室の隣がDou Soyです。

 

豆乳好きは絶対はまるDou Soyのメニュー

ドリンクはソイ4種とコーヒー3種

  • プレーン(無糖0%・加糖59%)
  • ココア
  • パンプキン
  • 黒ごま
  • コールドブリューソイラテ
  • コールドブリュー
  • ブリュードコーヒー

コールドブリューはボトルに入ったもの、ブリュードコーヒーはカップに入ったものです。酸味が少なくコクのあるコーヒーで酸味より苦味のあるコーヒーが好きな方におすすめ。せっかくなので豆乳ドリンクを飲んで欲しいところですが、ブリュードコーヒーは甘いドーナツとの相性がぴったりです。

Dou Soyのオリジナルボトルに入った豆乳は89ペソ〜(約196円)と、量や質を考えるとかなりリーズナブルな価格です。防腐剤をはじめ添加物ゼロのため、「購入後は消費期限は冷蔵保存で2日以内」と店員さんが教えてくれました。

 

豆乳ドリンク飲み比べ!

  • プレーン(0% or 59%)

(なぜ59%という中途半端な数字なのかはわかりません…)0%はもちろん甘さはなく、豆腐を作れる豆乳のような豆乳独特の青臭さがあります。日本の無調整豆乳ともまた違ったさっぱりした飲み口の豆乳です。59%は程よい甘さで飲みやすく日本の調整豆乳に近い味ですが、日本の豆乳よりもサラサラしていて薄い感じがします。

  • ココア

ココア豆乳はほんのり甘く、味にくせがなく豆乳が苦手な方でも飲みやすい味です。市販で売っているココア(チョコレート)味の豆乳のくどい甘さでないので、ごくごくと飲めてしまいます。

  • パンプキン

ペーストにしたかぼちゃがそのまま入っていることもあり、かぼちゃの食感と独特の風味を感じます。甘みはココアと同じくらいですが、フィリピンのかぼちゃは日本のホクホク甘いかぼちゃではなくシャキシャキしていて味が薄いので、個人的にはあまり好きな味ではありませんでした。

  • 黒ごま

すった黒ごまがたっぷり入って豆乳+黒ごまで健康度がさらに高いドリンク。黒ごまの風味はしっかり感じられます。黒ごまの濃厚さがプラスされてか甘さはココアより少し甘目に感じました。

 

フィリング4種のドーナツ

  • ソイカスタード
  • パンプキンクリームチーズ
  • ココアピーナツカスタード
  • マンゴーパイナップルジャム
  • プレーン(メニュー表記:UGLY DOUGHNUT)

プレーンは39ペソ、その他は59ペソドーナツもかなり手頃な値段設定です。プレーンは穴の空いた形、フィリングを入れるものは丸い形をしています。注文したフィリングはその場でドーナツに入れてくれます。揚げたてのドーナツは、もちもふわふわで最高に美味しいです。開店の時間に行くと高確率で揚げたてが食べられます。

 

Dou Soyの人気メニューは?

プレーン豆乳(0%)+パンプキンクリームチーズドーナツ

全く甘さのない豆乳プレーン(0%)は、甘いドーナツとの相性は抜群!甘くないドリンクなので濃厚で甘めのパンプキンクリームチーズドーナツの甘さが際立ち、また甘いドーナツをサラサラと飲みやすい無糖の豆乳がスッキリさせてくれます。

パンプキンクリームチーズは1番人気があり、午前中でも売り切れてしまうほどです。パンプキンクリームチーズが食べたい場合は朝早くカフェに行くか、電話などで予約しておくと安心です。私は最初の2回パンプキンクリームチーズ味が売り切れていて、3回目は開店と同時に行きました。

 

Dou Soy Cafeがおすすめのポイントと注意点

おすすめポイント

  • デリバリーOK!
  • マイボトル・ボトル再利用で5ペソ割引

 

  • デリバリーOK
    Grab Foobなどのデリバリーサービスに対応しているので、カフェに直接行かなくても滞在先のホテルや学校に届けてくれます。イートインコーナーが小さいこと、売り切れている商品が分かるなどの理由で、デリバリーしてもらうのはとてもおすすめです。

 

  • マイボトル・ボトル再利用で5ペソ割引
    マイボトル持参や、前回購入したボトルを持っていけば5ペソ割引して豆乳の購入が可能です。前回購入したボトルを綺麗に洗って次回使ってもいいですし、スターバックスなどのタンブラーでもしっかり同じ量を入れてくれます。

 

注意点

  • 消費期限に注意
  • 日曜日の午後はほとんど品切れ
  • 消費期限に注意
    購入後は消費期限は冷蔵保存で2日です。日本の豆乳も一度封を開けたら消費期限は3日ほどで、豆乳のパックの裏にはできるだけ早く飲みきるようにという注意書きが書かれています。ボトルは量が多いので一回で飲みきれない場合は冷蔵庫に入れましょう

 

  • 午後はほとんど品切れ
    2019年9月にオープンして(執筆時:2020年1月)3ヶ月ほどですが、高タンパク質、高栄養価など健康志向なコンセプトがローカルの方々にも人気で、いつも何かしら売り切れています。特に大人気のパンプキンクリームチーズドーナツは午後の時間帯でも変えたら奇跡です。今からの生産量増加に期待したいところですが、わざわざ買いに行って売り切れだと悲しいので、どうしても食べたい商品がある場合は予約して行くのがおすすめです。日曜日は次の日が定休日であることから午後、すべてのドーナツが売り切れでも新しく作らないと店員さんが言っていたので、日曜日は注意が必要です。

 

Dou Soy(ドウソイ)周辺の飲食店

【YOLK CAFE】栄養満点のカフェご飯!セブ島で健康的なモーニング&ランチ

 

まとめ・感想

セブ島でも豆乳は購入可能ですが、スーパーで売っているものは甘味料が足されているため、日本の調製豆乳よりもとても甘いです。私は今回セブ島に住んでいて初めて無糖の豆乳を飲みました!

売り切れは多いですが、店員さんがフレンドリーで親切なこともありお店の印象はとてもよかったです。フィリピンでは味付けが濃いものや揚げ物が多く食事の栄養が偏りやすいので、Dou Soyの無添加・無糖豆乳で美味しくヘルシーにフィリピンの生活を楽しみましょう。

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2019年6月レート1円=2.1ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。

 

合わせて読みたい<おすすめセブ島アクティビティ>

オスロブツアー

オスロブ(セブ島)の持ち物・注意点を徹底解説!ジンベイザメと泳げる人気スポット

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

オランゴ島アイランドホッピング

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめ

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

 

合わせて読みたい<おすすめセブ島の飲食店>

セブ島で焼肉を食べるなら、味◎コスパ◎のドラム缶焼肉粋

沖縄ヒート(OKINAWA HEAT)焼肉食べ放題もできるセブ島おすすめの日本食屋レストラン