卒業旅行・春休みはセブ島がおすすめ!理由と人気観光スポットを解説



大学4年生のみなさん!卒業旅行はどこへ行くか決めましたか?また春休みの旅行先はもう来ましましたか?美しい豊かな海に囲まれるセブ島は、アクセスの良さや物価の安さなどの理由で近年人気の旅行先です。

セブ島といえば常夏のイメージですが、しっかり季節があり年間で観光に適した時期があるんです。そして自然を全身で感じ、友達みんなで盛り上がれる人気の観光スポットもたくさん!この記事では卒業旅行はセブ島がぴったりな理由と、セブ島に住んで1年半の私がおすすめする大学生におすすめのアクティビティを紹介します

セブ島ベストシーズンは1月〜3月

年中暑い印象のセブ島ですが住んでいるとしっかり四季を感じます。卒業旅行の時期である1月から3月はセブ島の乾期にあたり、降水量が少なく気温が安定し野外のアクティビティが多いセブ島では観光のベストシーズンです。

乾期(1月から3月)
  • 気温:気温は夏期ほど高くなく月の平均は27度
  • 降水量:月の平均降水量は90mm(雨期の2分の1ほど)雨が降る確率は雨期よりとても低い

 

セブ島は物価が安くお財布に優しい

リゾート地として人気のセブ島ですが、物価は日本よりもかなり安いこともセブ島がおすすめの理由です。 食品、日用品のほとんどが日本より安く手に入るため、余計にたくさん買い物をしてしまいます。スーパーマーケットではローカルビールが1本35ペソ(約77円)、マンゴーは1kg100ペソ(約220円)ほどで購入でき、レストランでもマンゴーシェイクが1杯100ペソ(約220円)タピオカドリンクが1杯90ペソ(約198円)で買えるなんてセブ島に来たくなりませんか?

また観光客の方はほとんど移動に利用するタクシーは初乗りが40ペソ(約88円)、マッサージ屋さんでは1時間のタイ式マッサージがリーズナブルなところだと300ペソ(約660円)と激安で利用できます。もちろん物によっては日本と変わらない金額の物もありますし、観光客の増加に伴い物価も徐々に高騰していますが、それでも全体的に見るとセブ島の物価は日本の3分の1ほどです。

 

日本からセブ島は意外と近い

海外は遠いからという理由で卒業旅行で国内へ行く予定の方は多いかと思います。ですがセブ島は直行便の飛行機がありフライト時間は4時間半と東南アジアの中ではかなり短い方で、時間的には車で東京から名古屋に行くのと同じくらいです。

また、セブパシフィック航空がLCCで直行便の運行をしてるので、航空券も比較的安く購入できます。日本から乗り換えなしでいける手軽さ、安い航空券がある気軽さも卒業旅行にセブ島が向いている理由です。

 

セブ島はフィリピンの中で比較的治安がいい

観光客や留学生、ビジネスでセブ島を訪れる人の数が近年どんどん増えてきているセブ島。ホテル、ショッピングモール、コンビニエンスストアなどの入り口にはセキュリティーガードマンが在中するなど、安心して観光できる環境が増えてきました。

2016年に就任した大統領によりドラッグの廃止などが進められたことなどの理由から、セブ島に住んでいるフィリピンの方々が生活していて実感できるほど治安が改善されています。

もちろん治安の悪い地域もあるので、自分の身は自分で守る行動を取らなければなりませんが、夜道を女性が1人で歩いたり、治安が悪いと言われている場所にわざわざ行くなどしなければ事件に合うことは少ないです。

 

東南アジアなのに全然違う文化が面白い

同じ東南アジアでも、タイやカンボジアとは全く違う文化をもつフィリピン。もっとも大きな違いは、セブ島に住むほとんどの人がキリスト教徒という点です。観光地としても有名なマゼランクロスやサントニーニョ教会をはじめ、街中で教会を見かけます。

キリスト教徒が多いセブ島ならではなのが日曜日の巡礼(サンデーチャーチと呼ばれる)。日曜日の朝になると早朝から多くの人が教会に向かいますが、サントニーニョ教会でのサンデーチャーチは観光客でもき気軽に入ることが出来ます。

観光で行く機会があるならぜひ日曜日の朝に行って見てください。たくさんの人がお祈りをしている姿や、牧師様が聖書を読み上げる姿など日本で生活していては見ることのないフィリピンの一面を見られます。

また教会の周辺ではキャッサバケーキやライススティックなどの変わった食べ物も売られていて、早起きをする・教会に行く・朝の市場で珍しいものを見るので、充実感と清々しい気持ちになりおすすめです。

またスペイン領だった歴史をもつフィリピンなので、スペイン様式の建物が数多く残っており、ジンベイザメとシュノーケリング体験ができるオスロブへ行く途中のカルカルという都市や、さらに南側にある「シマラ教会」などは有名な観光地にもなっており、気軽に文化の違いを感じられるのもおすすめの理由です。

 

自然をアクティブに満喫する人気の観光地を紹介

ジンベイザメとシュノーケリング体験

セブ島で人気ナンバー1のアクティビティといえばジンベイザメとシュノーケリング体験です。セブ島の南に位置する港町オスロブでは、野生のジンベイザメとの遭遇率がほぼ100%という世界でもかなり珍しい場所。

体長5〜10mにもなる大きなジンベイザメを間近で観察したり、思い出に残る写真を撮影したり、セブ島ならではのアクティビティにぜひチャレンジしてみてください。

>>ジンベイザメとシュノーケリング体験はこちら

サンドバーが美しいスミロン島へのアイランドホッピング

ジンベイザメとシュノーケリング体験ができるオスロブから、バンカーボートで15分ほどのところにあるスミロン島。海の色がはっきりターコイズブルーに分れていて、まるで別世界に来たように感じます。透明度が高く非常に島周辺の海は、浅く波も比較的穏やかなので海水浴をするのにぴったりです。美しい海を背景に写真を撮ると、どこでもフォトジェニックな写真が撮れますよ!

>>スミロン島へのアイランドホッピングはこちら

12mの高さから大ジャンプできるカワサンの滝キャニオニング

世界の美しい滝100選にも選ばれたことがあるカワサンの滝。卒業旅行をみんなで盛り上がるのにぴったりなのが「キャニオニング」です。4m、6m、7m、10m、12mの高さからジャンプしたり、天然のウォータースライダーで滑り降りたり、ターザンのようにロープを使ってスイングしたり!

日本にはないスリリングなキャニオニングで、アクティブに自然を感じましょう。カワサンの滝といえば帰り道にストリートフードがいたるところで売られています。フィリピンの定番おやつバナナキウやフレッシュココナッツジュースなど気になる方は試してみてください。

>>カワサンの滝でのキャニオニング体験はこちら

 

ナルスアン島・ヒルトゥガン島・パンダノン島などへ行くアイランドホッピング

7500以上の島をもつフィリピンですので、セブ島・マクタン島からもアクセスが良く美しい自然が残る島がたくさんあります。有名な島はナルスアン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島、オランゴ島などですが、私のイチオシはパンダノン島です。

距離はバンカーボートで1時間ほどで少し遠いですが、バーチャルの世界に来たような手付かずの自然が待っています。どこまでも広がる真っ白な砂浜と、太陽が反射してキラキラと輝くターコイズブルーの海は時間を忘れてしまうほどです。

>>パンダノン島へのアイランドホッピングはこちら

 

まとめ

セブ島に行くたくなりましたか?セブ島のベストシーズンである乾期(1月から3月)はちょうど卒業旅行のシーズンです。雨が少ないだけでなく、風が穏やかなので波も余りたたず海水も一段と澄んでいます。天候や海のコンディションが安定しているのでマリンアクティビティをするのにダントツで楽しみやすい季節です。

セブ島旅行の相談やプランニングなど行っていますので、ちょっとでも気になったら気軽にTwitterやInstagramからダイレクトメッセージをしてください!ぜひセブ島で思い出に残る素敵な時間を過ごしましょう。