セブ島といえばチキン!BURROWで199ペソ(約420円)の食べ放題をしてきた



みんな大好きフライドチキン!フィリピン人にとってフライドチキンはソールフードでジョリビーやケンタッキーはもちろん、マクドナルドやシェイキーズなどのファストフード店、セブンイレブンでも売っています。また道端でもチキンを揚げている屋台を目にするほど、フィピリンの人々にとってチキンは米のように食べる食べ物なのです。(米もたくさん食べますが)

この記事ではアンリミテッドチキン(鳥の唐揚げ食べ放題)のレストランを紹介します。ローカルの方に混じってお腹いっぱいフライドチキンを食べてきました!

BURROW LOUNGEの基本情報

  • 名称:BURROW LOUNGE(ブロウラウンジ)
  • 住所:Unit 4, Tsai Hotel And Residences, Wilson St, Apas, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
  • 電話番号:+63 32 328 1074
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 定休日:なし
  • 平均予算:200ペソ
  • 席数:80席
  • WiFi:なし
  • トイレ:あり
  • 駐車場:あり
  • 接客:普通
  • クレジットカード:使用不可
  • Facebook:https://www.facebook.com/burrowph

 

BURROWへのアクセス

BURROWはJYスクエアモールから歩いて5分ほどのところにあります。タクシーの運転手には「JYスクエアモール」と伝えましょう。タクシーで向かいBURROWが近ずいてきたらGoogl Mapを参考にしながら「右・左」と指示をすれば問題なく到着できます。

オフラインでのみスマートフォンの利用が可能な方は「Maps Me(マップスミー)」などの地図アプリを入れておくことをおすすめします。英語が不安な方はJYスクエアモールで下車して歩いて行くのでも十分近い距離です。

 

BURROWメニュー紹介

アンリミテッドチキン:199ペソ/人

  • ガーリックパルメザン
  • テリヤキ
  • アジアンBBQ
  • チリ
  • クラシック(プレーン)

チキンにつけるためのディップ:20ペソ/個

  • サワークリーム
  • ハニーマスタード(マスタードは辛すぎず風味程度ではちみつの甘みのあるディップ)
  • ランチ(フレンチドレッシングのようなマヨネーズテイストのディップ)

ドリンク飲み放題:69ペソ/人

アイスティー・ペプシコーラ・セブンアップ・マウンテンデューなどがドリンクバーになっています。

 

BURROWでチキンをフードファイトしてきた!

今回はフィリピン人2人と日本人2人の計4人で行ってきました。到着した時間は午後6時。すでに多くの人が席でフライドチキンを食べていましたが、平日なのにすでにとても混雑していましたが座る席はギリギリ確保できました。

4人でアンリミテッドチキン、ポテトを注文。15分ほど経つと出来立ての手羽先が大量に出てきました!4人ともその量にテンションが上がります。出てくるのが遅いと聞いていたので一気に8人前頼んでみたのですがすでに相当な量があります。

食べてみると…

アジアンBBQ…「しょっぱい。」

テリヤキ味…「んーしょっぱい。」

チリ…「辛いけどしょっぱい!」

ガーリックパルべザン…「え、しょっぱい。チーズの味がしない。」

クラシック「あ、しょっぱくない(嬉)」

味の感想はどれも味がこく塩辛かったです。タレがついていない分クラシックは許せる塩辛さでした。「セブ島は年中暑いので塩分取りすぎても大丈夫!」と自分に言い聞かせながらモシャモシャと食べていきます。フィリピン人の友達ですら「やば!めっちゃしょっぱいやん!w」と言っていたので、ここのアンリミテッドチキンはかなり味が濃いです。

テイクアウトも8こで220ペソで可能ですが、199ペソで食べ放題ということを考えると少し割高な感じがしますが、家でゆっくり食べるならサンミゲルライトなどのローカルビールのおつまみで食べるのもいいですね。

 

BURROW以外のアンリミテッドチキンのレストランは?

Wingers Unlimited(ウィンガーズアンリミテッド)

  • 名称:Wingers Unlimited(ウィンガーズアンリミテッド)
  • 住所:Alfresco Area Mango Square, General Maxilom Ave, Cebu City, 6000 Cebu
  • 電話番号:0945 348 1288
  • 営業時間:11:00〜23:00

アンリミテッドチキンができるもう1つのレストランは、マンゴーストリート沿いにある「Wingers Unlimited(ウィンガーズアンリミテッド)」です。BURROWの内装とは違いアメリカンなテイストの店内で、昼間から多くの若者で賑わっています。

外は空気が悪いのでおすすめはしませんがテラス席もありBURROWより少し席数が多い印象です。金額も味付けも食べるスタイルもほぼBURROWと同じなので、距離が近い方に行ってみるといいですね。

 

BURROWへ行く時の注意点

注意点

  • 夜ご飯時はありえないくらい混む
  • 混雑時はフライドチキンが出てくるのが遅い

199ペソ(約420円)で時間制限なくフライドチキンが食べ放題です。金土の夜は特にローカルの方々で混み合います。6時にはレストランについているくらいでないと席が埋まってしまうので注意が必要です。

そして混み合ってくると注文したフライドチキンが全く席に届きませんので、時間に余裕を持って食事に行くことをおすすめします。

 

まとめ・感想

400円ちょっとで時間無制限のフライドチキン食べ放題はボランティアですか?と思うくらいコスパが良く、もう少し味が濃くなかったら100こくらい食べれそうなフライドチキンでした。後ろの席に座っていたバスケットボール終わりの男子大学生集団は、チキンを無限に注文していたので食べ盛りの男の子たちにとっては永遠に食べられる最高のサービスです。

味付けでいうとマンゴーストリート沿いにある、Wingers Unlimited(ウィンガーズアンリミテッド)の方が塩辛さは少ないです。私がウィンガーズアンリミテッドに訪れた時は「マンゴーハニー」という明らかに甘そうなフレーバーがあったのですが、日本のテリヤキ感覚で甘しょっぱくてたくさん食べられました。BURROWにもハニーマスタードという甘めのディップがあり、かなり味がマイルドになるのでおすすめです。

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2019年6月レート1円=2.1ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。

 

おすすめのセブ島アクティビティ

セブ島人気NO.1ジンベイザメと一緒に泳ぐオスロブツアー

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。全長5m〜10mと巨大なジンベイザメ。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察できるセブ島ならではの貴重な体験ができます。>>オスロブツアーを詳しくみる

 

透明度抜群の海とサンドバーが美しいスミロン島

ジンベイザメスポットのオスロブからアイランドホッピングしながら行くスミロン島。島に近づくと海は色は鮮やかな水色のターコイズブルーに変わります。変わり目がくっきり分かれていてまるで別世界に来たような感覚です。まさに自然のフォトジェニックスポットで、海にプカプカ浮きながら写真を撮ったり、海水浴が楽しめます。>>スミロン島ツアーを詳しくみる

 

マリンアクティビティーを楽しむならアイランドホッピング

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。またオプションでジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをすることも可能なので、思いっきりセブ島の自然を遊びつくしてください。>>アイランドホッピングツアーを詳しくみる