カフェアイストップ(Cafe Ice Top)セブ島で食べるおすすめのひんやりスイーツ



常夏の島セブ島にいると、なにか冷たいものが食べたくなりますよね。年中冷たいものが美味しく食べられるだけあってセブ島にはアイスクリーム、ジェラート、シェイクなどの冷たいデザートが食べられるお店がたくさんあります。

フィリピンといえばマンゴーなどのフルーツが有名です。ぜひマンゴーを使った冷たいデザートを食べにいきましょう。この記事では、Jセンターモールの中にある韓国風かき氷が食べられるカフェアイストップを紹介します!

カフェアイストップ(Cafe Ice Top)の基本情報

  • 名称:カフェアイストップ(Cafe Ice Top)
  • 住所:Lalawigan ng Cebu, Mandaue, J centre Mall ground floor
  • 電話番号:(032) 328 0568
  • 営業時間:8:30~23:00
  • 平均予算:400ペソ
  • 席数:20席
  • WiFi:あり
  • タバコ:喫煙席なし
  • トイレ:あり(Jセンターモール内)
  • 駐車場:あり(Jセンターモール駐車場)
  • 接客:良い
  • クレジットカード:使用不可
  • Facebook:https://www.facebook.com/teppancebu/

Jセンターモールの1階にあるカフェアイストップ。カフェの店内はクーラーがしっかり効いていてとても快適です。壁に描かれているのはカフェアイストップで食べられるパッピンス。女の子が好きそうな可愛らしいペイントなので、壁をバックに写真を撮ると可愛い写真が撮れます。

こんなに美味しいのにいつも席に余裕があるのは、隣にあるボスコーヒーの影響かと思います。ボスコーヒーは大手コーヒーショップのチェーン店だけあって、同じ時間に行っても明らかに混んでいる様子で、作業や勉強する人、アフタヌーンティーを楽しむ方々でいっぱいです。

 

カフェアイストップ(Cafe Ice Top)へのアクセス

カフェアイストップはJセンターモールの中にあるので、タクシーの運転手には「Jセンターモール」と伝えましょう。アヤラモールなど観光客向けの大きなショッピングモールではないですが、在住者ならビザの更新のために行ったことがある方も多いモールです。ローカルの方にとっては有名なモールなので、タクシーの運転手にはほぼ間違えなく伝わります。

 

カフェアイストップの看板メニューパッピンス

パッピンスとは?

韓国語で「パッ」は”小豆”、「ピンス」は”かき氷”という意味です。なのでパッピンスを直訳すると「小豆かき氷」になりますね。

日本でイメージするかき氷はしゃりしゃりとした食感の削った氷に、いちごなどのかき氷シロップをかけて食べるものですが、韓国風かき氷のパッピンスはまったく見た目も味も全く違います。

伝統的な小豆やきな粉を乗せたものから、マンゴーやメロン、チーズケーキやティラミスなどフルーツやスイーツを乗せたものまでバリエーションが豊富です。1番の違いはスノーフレークと言われる「ミルク氷」。優しいミルクの甘さとフワッとした氷の口溶けがくせになります。韓国の人気チェーン店が日本にも上陸し、女性を中心に人気です。

 

パッピンス一覧

  • オレオ
  • マンゴー
  • マンゴーチーズ
  • インジョルミ(きな粉もち)
  • コーヒー
  • ミルク&ビーン
  • リアルチョコ
  • ベリーヨーグルト
  • ブルーベリーチーズ
  • ブルーベリーマンゴーチーズ

ピンス(かき氷)はレギュラーサイズを2人でシェアして食べるくらいがちょうどいい大きさ。インジョルミとは、きな粉がたっぷりかかったピンスにお餅とアーモンドスライスがトッピングされた韓国で1番スタンダードなピンスのフレーバーです。

 

ドリンクメニューも豊富

  • アメリカノ:105ペソ(ソロ)/120ペソ(ダブル)
  • フラペチーノ:140~170ペソ/155ペソ~185ペソ
  • スムージー:140ペソ/155ペソ
  • ヨーグルトスムージー:155ペソ/177ペソ

ドリンクメニューの値段はとなりのボスコーヒーと比べると少し安いです。

 

今回注文したのはマンゴーチーズパッピンス

マンゴーの甘さと果実感を存分に感じられるしゃりしゃりマンゴーシャーベットとさっぱりチーズケーキがごろごろと盛り付けられたピンス。ミルクアイスクリームも1つ乗っていて存在感がありますね。店員さんいわく、マンゴーチーズパッピンスなどチーズケーキが乗ったピンスは大人気なんだとか!

上から練乳をかけて食べればミルク感も増してさらにリッチな味わいです。食べ進めていくとピンスの中からも、角切りのチーズケーキやチーズケーキ風味のアイスがでてきて、最後の最後まで美味しく食べられます。ダブルを注文したのでお皿とスプーンが2つずつ乗っていますが、お皿に取るよりもそのまま食べちゃうほうが食べやすいです!

 

カフェアイストップ(Cafe Ice Top)がおすすめのポイント

グッドポイント

  • 店内にはWi-Fiと電源がある
  • 大きなピンスに心もお腹も大満足
  • 2~3人でシェアするならコスパ◎
  • 店内にはWi-Fiと電源がある

Wi-Fiはダウンロードは問題なく使える13.6Mbps。アップロードは0.73 Mbpsなのでほぼアップ出来ないです。日本と比べるとどちらもはるかに遅いですが、基本的にダウンロードのみの利用(調べ物やYouTubeを見るなど)だと問題なく利用できます。電源は3か所ほどなので利用できるかは、その時のタイミングによりますが、私が利用した時は問題なく使えました!

  • 大きなピンスに心もお腹も大満足

見た目のインパクトや可愛らしさは完璧ですよね!味も甘すぎることもなく、味がしないこともなくさっぱりと食べられました。おやつの時間に利用すると2人で1つのピンスでもかなりお腹がいっぱいになります。

  • 2~3人でシェアするならコスパ◎

レギュラーサイズが1つ300~450ペソは、一見とても値段が高い感じがしますが、2人で食べたら150ペソ、3人で食べたら100ペソです。クオリティの高さや量を考えれば2人1人150ペソはかなりお得感があるなと感じました!

 

少しがっかりだったこと

バッドポイント

  • ピンスがミルク氷でなく普通の氷
  • マンゴーは生のマンゴーでなくシャーベット
  • ピンスがミルク氷でなく普通の氷

パッピンスといえば「ミルク氷」と思っていたので、食べてみて普通の氷だったのは少し残念に感じました。ミルク氷目当てで食べると、スノーフレークはふわふわパラパラで口溶けは最高なのですが、あの優しい甘さが…と少し思うかもしれません。上から練乳をかけているからか、意外と「これミルク氷かな?あ、普通の氷?」という会話をするくらいどちらか分からないです。

  • マンゴーは生のマンゴーでなくシャーベット

マンゴーはフレッシュマンゴーがごろごろしてるのかな!と期待していたので、シャーベットのマンゴー氷がでてきて「あれ?」と思いました。たしかにディスプレイと同じ大きさのマンゴーを揃えるとなると、この金額では確実にお店は赤字です。見た目のインパクトを考えるとこれもありかな?という感じです。

 

カフェアイストップ(Cafe Ice Top)周辺の飲食店

  • 雰囲気のいいフィリピン料理のお店パイラーツナグリル

ツナグリル

  • お好み焼きなどの本格的な鉄板料理が楽しめるTEPPAN

TEPPAN

  • アンガス牛を使用したステーキレストラン、ハングアウトステーキ

ハングアウト

  • サムギョプサルなどの韓国焼肉が人気のマクチャン

マクチャン

 

 

まとめ・感想

暑いフィリピンの気候にぴったりな韓国かき氷のカフェアイストップは、勉強や作業をするのもいいですが、女子友達や恋人と一緒に行っておしゃべりしたりするのに適したカフェでした。見た目のインパクトがあるので、恋人・友達・家族などさまざまなシーンで盛り上がるデザートですね。

アイス系のスイーツ以外にもキャラメルハニーブレッドなどのホットスナック系は1つで十分お腹がいっぱいになるんどえ、カフェアイストップはランチのシーンでもおすすめできます。

ティラミス・チーズケーキなどのケーキ系も売っているので、個人的には韓国のパッピンス屋さん「ソルビン」のようなティラミスパッピンスなどのメニューができたらいいなと思いました!

 

おまけ・おすすめセブ島アクティビティ

ジンベイザメと一緒に泳ぐ!オスロブツアー

オスロブ(セブ島)の持ち物・注意点を徹底解説!ジンベイザメと泳げる人気スポット

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

マリンアクティビティーを楽しむならオランゴ島アイランドホッピング

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめ

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。