7Dドライマンゴー直売所 | セブ島人気No.1のお土産をお得に購入!



セブ島といえば南国フルーツの代表マンゴーの名産地。7Dのドライマンゴーは日本でも人気が高く、また日本で買うと金額も高いのでセブ島のお土産にすると必ずと行っていいほど喜ばれます。

最近ではドライマンゴーにチョコレートがかかったパックや、パイナップルとマンゴーが半分ずつ入ったパックも販売されていてバラエティが豊かです。7Dはお土産屋さんやスーパーなどで取り扱われていますが、今回はもっとも安く買うために直営店(直売所)へ行ってきました!

7D直売所の基本情報

  • 名称:7Dフードインターナショナル(7D Food International, Inc.)
  • 住所:Sacris Road, A.S. Fortuna Street, Mandaue City, 6014, Mandaue City, 6045 Cebu
  • 電話番号:(032) 346 1769
  • 営業時間:7:30~18:00(平日)8:00〜16:30(土日)
  • 駐車場:なし
  • クレジットカード:使用不可
  • Facebook:https://7dfoods.com

 

外観はThe工場という感じです。本当にこれが直売所の入り口なの?と思うほど、「関係者以外立ち入り禁止」感のあるドアから入っていきます。入っていきにくい雰囲気を感じますが、入り口にはガードマンがおりここから何人もの観光客の方が出入りしているのでそれも見て安心しました。

 

さては内観はというと、日本で直売所といえば商品が並べられていて、手にとって選ぶ「道の駅」のようなイメージですよね。そのような想像していた私でしたが、いざ店内に入ってみるとある意味とてもシンプル!販売している種類が少ないということもあり、マクドナルドのように店員さんに「これを何個ください」と注文しお会計するタイプでした。

 

世界地図に7Dの販売店がある国を記した壁と、7Dの歴史が書かれた壁があります。誰も撮影していませんでしたが、ちょっとした写真スポットもあります。広々とした店内はソファーが設置されており、クーラーもしっかり効いていて休憩することもできそうです。

 

7D直売所への行き方

方向はマンダウエ市にあるASフォーチュナー通りで、Pang Pangaというレストランの横の道を東に進みます。(商業スペース・オークリッジやメトロマーケットから見て左折、Jセンターモールから見て右折)

タクシーの運転手には「Jセンターモール」と伝えましょう。タクシーで直接行く場合でも、Jセンターモールから歩いて行く場合でも、Google Mapなどを参考にして進めば問題なく到着できます。

直売所の入り口付近は殺風景で「本当にここであっているの?」と不安になるかもしれませんが、少し奥まで進むと7Dの看板とともに入り口が出てきます。アクセスは悪くありませんが、少しローカルな道を進んでいくので夜だと街灯が少なく暗いのでタクシーで行き、グラブで帰ってくるのはベストです。

 

7D直売所で購入できる商品

気になる金額

  • ドライマンゴー200g:170ペソ(約374円)
  • ドライマンゴー100g :85ペソ(約187円)
  • ドライマンゴーギフトパック:180ペソ(約396円)
  • ドライマンゴー80g:75ペソ(約165円)
  • ドライマンゴリアン175g:67ペソ(約147円)
  • ドライマンゴリアン90g:35ペソ(約77円)
  • マンゴーピューレ 1Gal:280ペソ(約616円)
  • マンゴーピューレ 1/2Gal:140ペソ(約308円)
  • マンゴーピューレ 1ℓ :80ペソ(約176円)
  • マンゴーピューレ 1kg:90ペソ(約198円)
  • マンゴーネクター:9ペソ (約20円)
  • ドライパイナップル 70: 60ペソ(約132円)
  • マンゴーチョコ 80g:85ペソ(約187円)
  • ドライマンゴーパイナップルミックス80g 70ペソ(約154円)

 

7D直売所とスーパーでの金額比較

スーパーやお土産やさんで買うとどのくらいかというと

  • メトロ(少しローカルなスーパー)

ドライマンゴー200g:188ペソ(約414円)

マンゴーチョコ 80g:98ペソ(約216円)

 

  • お土産やさんA(アヤラモールにあるセブ島土産のお店)

ドライマンゴー200g:198ペソ(約435円)

マンゴーチョコ 80g:102ペソ(約225円)

金額がこんなに違う!

ドライマンゴー200g 170ペソ(約374円)

マンゴーチョコ 80g85ペソ(約187円)

例)ドライマンゴー200g を5つ買ったとしたら

・アヤラモールお土産屋A:約2,175円

・7D直売所:約1,870円

たった5袋で「約305円」もお得!

 

7D直売所へ行く際の注意点

注意点

タクシーを捕まえるのが難しい

観光で来る方はほとんどの方がタクシーを利用するかと思いますが、7Dまでタクシーで来たとして、帰りに流しのタクシー(道で捕まえる普通のタクシー)を拾うのはとても難しいです。工場が大通りから裏に入ったローカルなところにあるので大通りまで歩いて行くか、グラブタクシーを利用しましょう

 

7D直売所の周辺飲食店

セブ島で日本食が恋しくなったら九州居酒屋の筑前屋がおすすめ!

カフェアイストップ(Cafe Ice Top)セブ島で食べるおすすめのひんやりスイーツ

セブ島でフィリピン料理を食べるならパイラーツナグリルがおすすめ!

 

まとめ・感想

マンゴーをはじめ生の果物は飛行機に乗せて持って帰ることができませんが、ドライマンゴーはもちろん検査なしで持って帰ることができます。セブ島ではドライマンゴーは日本の額ほどで購入できます

それをさらに直売店で買うことでお得に手に入れられるなんて、マンゴー好きの方にはたまりませんね!私は様々な種類のドライマンゴーを10袋ほど、日本に帰る際のお土産に買うのでいつも直売所で購入しています。

 

合わせて読みたい<おすすめセブ島アクティビティ>

ジンベイザメツアー

オスロブ(セブ島)の持ち物・注意点を徹底解説!ジンベイザメと泳げる人気スポット

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

オランゴ島アイランドホッピング

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめ

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2019年6月レート1円=2.2ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。