ストロベリーデカンティプラエコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)セブ島でいちご狩り⁈超穴場観光スポット



成田空港から4時間半ほど南にある常夏の島セブ島。リゾート開発が進み、観光や留学、仕事など日本からのアクセスの良さや、物価の安さなど近年人気の滞在先です。海のイメージのセブ島ですが山にもたくさんの観光スポットがあります。

もっとも有名なところだとセブ島を高台から一望できる「トップス」などですが、そのトップスをさらに山奥に進んでいくと、まだ旅行雑誌などに取り上げられていないローカルなグッドスポットがあるんです!この記事では、セブ市内から車で1時間半ほどの場所にあるストロベリーデカンティプラエコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)を紹介します。

ストロベリーデカンティプラエコファームの基本情報

  • 名称:ストロベリーデカンティプラエコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)
  • 住所:Cebu Transcentral Hwy, Cebu City, Cebu
  • 営業時間:7:00〜19:00
  • 定休日:不定休
  • 平均予算:200ペソ
  • 席数:10席
  • WiFi:なし
  • トイレ:あり
  • 駐車場:あり(駐車料金:15〜20ペソ)
  • 接客:普通
  • クレジットカード:使用不可

 

駐車場・いちご園の外観

トップスエリアからバイクで爆走すること1時間半、危うく通り過ぎるところでしたがいちごのオブジェが見えてきました。車やバイクで行く方はパーキングが10~20ペソほどかかります。

 

プランターには色々な種類の植物が植えられています。バラやハーブ、カラマンシーの木などもお土産として購入可能です。「カラマンシーの木なんて珍しい!」つい欲しくなると思いますが、土がついている植物は空港で没収されてしまうので観光で来ている方は見るだけにしましょう。

到着してプランターを見ていると一番気になったのが「モー」という牛の鳴き声…。後ろを振り返ると牛が3匹ほど放牧されていました。とてものどかな空間です笑。階段を上がってみるとピンク色の建物がそれっぽさを出していますが、かなりローカル感がありますね。

 

入場料・いちご狩りの金額

入園料
  • 大人:50ペソ
  • 12歳以下:30ペソ
  • シニア:40ペソ

カフェのみの利用の場合は入園料はかかりません。入園料はエントランスもしくはカフェのレジで支払います。今回訪れたのは10月でいちご狩りをできるシーズンではないらしく、残念ながらいちご狩りはできませんでした。

いちご狩りできるシーズンは12月から3月。常夏で年中暑いイメージのあるセブ島ですが、しっかりと季節があり「旬」もあります。そして意外ですがいちごの旬も日本と同じ時期です。シーズン中はいちご狩り可能ですが、日本のように食べ放題ではなく1粒10ペソ(約22円)で買取になりますので、取りすぎには注意しましょう。

12月〜3月のいちごシーズンでない時は、1カップ200ペソ(約440円)のフレッシュいちごが食べられます。でも10〜12個ほどしか入っていないので、正直日本で買ったほうが、安くて質の良いいちごが食べられます。「セブ島のいちごってどんな味かな?」と気になる方はぜひ食べてみてください。

 

ストロベリーデカンティプラエコファームへの行き方

行き方は主に2つです。

セブ島在住者向け:個人のバイクや車で行く

自分のバイクや車を持っている方にとって、ストロベリーファームまでの行き方はとてもシンプル。トップス方面に進んでいくます。トップスエリアの道はほとんど一本道なので迷うことは少ないと思います。ですが1本道の山道で対向車も猛スピードで走行してきます。急カーブに差し掛かる際スピードの出し過ぎ、対向車との事故には気をつけましょう

 

観光者向け:チャーターカーで行く

ストロベリーファームへ行くプランのある旅行サイトはあまり無いので、自分たちで好きな場所を選んで巡ることができる車のチャーターがおすすめです。運転手付き/日本語ガイド付きのところもあるので、土地勘のないセブ島でも安心かと思います。ストロベリーファームだけでなく好きな場所に行けるので、チャーターしたらぜひ他の山スポットも一緒に回ってくださいね!

車チャーターのプランがあるウェブサイトはこちら

 

ストロベリーデカンティプラエコファームで食べるいちご尽くし料理

メニューは定番から変わり種まで様々

たくさんのところにハローキティちゃんが…きっとオーナーさんはキティちゃんが大好きなんですね。ちなみに料理が運ばれてくるトレーもキティちゃんでした。

 

  • レギュラーバーガー30ペソ
  • チーズバーガー35ペソ
  • エッグチーズバーガー60ペソ(日本でいうマックのエグチ。日本では200円ですので60円くらい安いです。)
  • ストロベリーチーズバーガー80ペソ
  • ストロベリーハロハロ170ペソ
  • ストロベリーパンケーキ70ペソ
  • フライドポテト40ペソ
  • ストロベリーシェイク70ペソ
  • フライドチキン/ライス付き95ペソ
  • ワッフル/ストロベリーアイスクリーム付き120ペソ
  • バナナスプリット150ペソ
  • ストロベリーアイスクリーム180ペソ
  • ストロベリーマンゴーフロート150ペソ
  • ストロベリー レチェフラン160ペソ ※leche flan とはカスタードプリンです。
  • ストロベリーチーズケーキ200ペソ
  • ストロベリークラブハウス90ペソ
  • クリスピーパタ 350ペソ
  • スペシャルブラロ 350ペソ

 

なんと普通のバーガーも30ペソで売っていました。フィリピンで1番愛されているファストフードチェーン店ジョリビーのハンバーガーが38ペソなので、この金額がかなり安いことが分かります。入場料50ペソというところを見ると、きっとまだまだローカルの人たちしか来ていないのかなと思います。

 

気になるいちごチーズバーガーを注文

さすがいちご園だけあって、いちごを使ったメニューがたくさんあります。せっかく来たからには変わり種のメニューが気になりますね。ということで、1番手を出してはいけなさそうなストロベリーチーズバーガーを注文しました!笑

いちごを使ったドリンクメニューはストロベリーシェイクだけなのでシェイクも注文。いちご園のストロベリーシェイク、、かなり期待できます!

15分ほど待つとキティちゃんのトレーにのってハンバーガーとシェイクが運ばれてきました。シェイクの色がととても鮮やか…ハンバーガーからもしっかりいちごがはみ出しています。

 

いざ!実食!

まずはシェイクから。ストロベリーシェイクは激甘で完全にジャムの味がします。色から少し想像していましたが、「フレッシュないちごの爽やかな酸味と甘さ!」という理想とは異なり、人口的な風味と甘さです。ちょっと残念。

 

続いてストロベリーチーズバーガー。一口食べてみると、こちら想像してた以上にNGの味でした。スライスした生のいちごは酸味がありハンバーガーと合わなくは無いですが、完全に邪魔をしているのはジャムのような味のするいちごソース。味の許容範囲の広い私でもギリギリアウトな味でした。

このストロベリーファームでクオリティの高いスナックメニューは求めていないので、変わった味の面白い料理が食べられて個人的には満足です。

 

ストロベリーデカンティプラエコファームがおすすめのポイントと注意点

おすすめポイント

  • セブ島でいちご狩り体験ができる(※12月〜3月のみ)
  • 変わったいちご料理が食べられる
  • 空気が綺麗で自然を体いっぱいに感じられる
  • フォトジェニックな写真が撮れる
注意点

  • いちご狩りができるのは12月〜3月のみ
  • いちごを使ったホットスナックは面白い枠で注文した方がいい
  • セブ市内から距離が遠い

 

ストロベリーデカンティプラエコファームと合わせて行きたい周辺情報

  • セブ島の女子旅にぴったりのフォトジェニックスポット「シラオガーデン」

 

 

  • 大興奮!ジップラインがセブ島最安で楽しめちゃう秘境カフェ「アドベンチャーカフェ」

 

市内観光の1日があるなら山エリアを全部制覇してしまうと1日かなり充実します。シラオガーデンなどのトップスエリアを効率よく回るなら車チャーターがおすすめ。英語に自身がない方は日本語のガイドが付くツアー会社もあるので利用してみるのもありですね。

車チャーターのプランがあるウェブサイトはこちら

 

まとめ・感想

セブ島でいちご狩りができるのは12月〜3月です。この時期以外でもダイナミックないちごのフォトスポットで写真を撮ったり、変わったいちご料理を食べられたりとかなり楽しめました。またセブ市内から距離が離れているので、排気ガスなどで空気が汚染されておらず、自然を感じてのんびりChillするのにぴったりでした。次はぜひいちご狩りできるシーズンに再チャレンジしたいです!

 

おまけ①おすすめセブ島レストラン

雰囲気のいいフィリピン料理のお店パイラーツナグリル

お好み焼きなどの本格的な鉄板料理が楽しめるTEPPAN

サムギョプサルなどの韓国焼肉が人気のマクチャン

約1,250円(580ペソ)でコスパも味も最高な食べ放題焼肉なら沖縄ヒート

 

おまけ②おすすめセブ島アクティビティ

ジンベイザメと一緒に泳ぐ!オスロブツアー

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

オスロブ(セブ島)の持ち物・注意点を徹底解説!ジンベイザメと泳げる人気スポット

 

マリンアクティビティーを楽しむならオランゴ島アイランドホッピング

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめ

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2019年6月レート1円=2.1ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。